年中黒い男の釣りバカ日誌

週末は釣りばっかりやっている冬でも真っ黒な男が日記を始めてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いくらの醤油漬け

今年は遅くなりましたが、秋になると、くろすけはいつもいくらの醤油漬けを作ります。

自家製だと味の調整も出来て、美味いんすよ!安い値段で死ぬほどいくら丼が食べられます。

今年は生のイクラが手に入るのは後僅かですが、機会があればぜひ!

まず、味の付いてない筋子を準備します。くろすけは北海道、気仙沼、石巻の業者を季節で使い分けます。

イクラは40度くらいのお湯では煮えないので、海水くらいの濃さのぬるま湯のなかで、ひたすらイクラにほぐします。

多少力をいれても割れないので大丈夫。割れるのも運命です。

ほぐして、筋や潰れたイクラの皮を捨てるのを3、4回繰り返すとキレイになります。最後に冷たい塩水に入れて下さい。綺麗な色に戻ります。


だしはお好みです。日本酒と醤油が同量くらいかな。くろすけ家では、子供が食べるので、酒はアルコールを飛ばしちゃいます。だから少し酒は多めかな。

で隠し味に魚醤を少し入れます。しょっつる、いしり、ニョクマムと色々試しましたがどれも良いです。北海道でイクラを頼むときは、とと紫という鮭の魚醤を頼みます。これが一番美味いんだけど、北海道でしか買えないらしく、諦めてます。


で、ザルに上げて水を切ったイクラと、冷ましただしをあわせるのですが、ここでだしを入れすぎると、醤油のイクラ漬けみたいになってしまいます。

長年作ってきて、今の一押しはジップロック!これにまずイクラを、そしてだしを、イクラを万遍なく包むくらい入れます。

冷蔵庫で一晩置けばできあがり。だしの量がちょうど良ければ、だしが無くなって、イクラがパンパンになっています。

後はご飯にぶっかけてイクラ丼!鮨!なんでもOKです。

沢山作っても冷凍がきくので大丈夫。家では毎年5キロ漬けて、1年かけて食べます。

ホントに美味いすよ。ぜひ試してみてください!筋子をばらすのが面倒くさい人は、ばらしたのもヤフオクあたりで買えます。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/02(木) 20:44:17|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ビル街にて | ホーム | タイリベンジ、のはずが>>

コメント

だるま子も大好物!

いくらの醤油漬けは、だるま子もちょっと作れます(笑)
( ̄∀ ̄)


これさえあれば…ご飯が進みますよね…

あ、やばい…よだれが…
(^w^)
  1. 2010/12/10(金) 08:04:43 |
  2. URL |
  3. だるま子 #-
  4. [ 編集 ]

だるま子さんも漬けるんですね!自分で作った醤油漬けはサイコーですよね!
ぼくも熱いご飯にぶっかけて食べてます。熱いご飯と冷たいプチプチのいくらのコラボがあぁ。。

夕飯はいくら丼だぁ!!
  1. 2010/12/15(水) 08:09:11 |
  2. URL |
  3. くろすけ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsuribaka1969.blog27.fc2.com/tb.php/28-c8cc9a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。