年中黒い男の釣りバカ日誌

週末は釣りばっかりやっている冬でも真っ黒な男が日記を始めてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

簡単タイ飯!

我が家では刺身の次に人気があるタイ飯ですが、作り方をネットで調べると、炊飯器にタイを入れて蒸らすのがほとんど。
実はこれ、小骨取りが非常にめんどくさいそこで、くろすけ特製かんたんタイ飯の作り方です。
タイを3枚におろしちゃいます。
頭は割って、中骨を合わせて一度湯をかけて、血合や汚れを取ります。これを鍋に入れて、吸い物を作ります。アクは丁寧に取るといいでしょう。塩で薄目に味を整えます。
カツオと昆布、酒、醤油の出汁でご飯を炊きます。
タイの身は普通に焼きます。
少し面倒臭いですが、吸い物に使った中骨、頭から残っている肉を箸で取り、焼き上がったと混ぜちゃいます。
を炊き上がったに入れてかき混ぜまぜ、少しむらせば完成!
僕的には皮の焦げた感じも味わえ、こちらのほうが美味しいんじゃないかと思ってます。

まずはタイ飯をいただきます。スダチを一絞りすると、風味が増します。

そして2膳目はタイ茶漬けです。お好みですが、うちではタイ飯にみじん切りの葉ミツバ、青シソ、ミョウガ、山椒の葉を乗せて、一気にの出汁をぶっかけます。これの美味いこと。
くろすけ家では次の日も食べてます。
一度お試しを。旨さは保証します!!

感想を聞かせてください。

次はタイの塩釜!
スポンサーサイト
  1. 2010/10/15(金) 01:32:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってきましたよ~、マダイ!後編


土砂降りのなか、船は走ります。止まったところは佐島沖あたり。カメギ根かな?
まずは水深70メートルで釣り開始です。一投目はいつもワクワクするよね。潮は上の方は流れてますが、下はトロトロという感じ。まずは底からハリス分ちょうどにタナを取り、50センチずつくらいタナを上げながら釣るのが僕のスタイルです。
探りながらの三投目、底から1メートルで来ました!竿先がククッときてガン!と潜りました。マダイのアタリです。最初はかなり慎重にやりとりをして、1キロ超のマダイゲット!いつもながら1尾釣るとホッとします。家族への言い訳も立つしね。
また仕掛けを投入して、キーパーにガチャン。釣った魚の血抜きをしていると、竿が変な動きを。。。「えっ、来てる?」と慌てて合わせると、ズシっと来ました。なかなかいい三段引きで、上がって来たのは7~800グラム位のマダイ。

でも、この日はこれで終わらなかったのです。

食いが止まったので、40メートル位の浅場に移動したら、この場所が大当り!ポイントが狭いので、何度も回り替えるのですが、一流しで誰かしらの竿が曲がるのです。
僕もここで5枚追釣。もう雨の事なんか忘れてアドレナリン出まくりです。
釣ろうと思えばまだいけたかもしれませんが、「みんな数釣ったから、でかいの狙いで深場行くよ!」と船長の声。ボウズ覚悟のタイ船でこんな言葉初めて聞きました。

で、朝一番の所に戻って更に1枚追加。1枚は口切れでバラシてしまいました。

怒涛の一日が終わり、釣果はマダイ8枚にハナダイ1枚の計9枚。この日の凄かったところは、アタリが全てタイだったこと。サバもソーダも掛かりませんでした。

こんな日ってあるんですね。ちなみに友人も、左舷大ドモの常連さんも、みんな仲良く9枚ずつでした。大丈夫?と心配していたファミリーも6人で14枚と、素晴らしい出来!みんな釣れて良かった良かった。
いつの間にか空も晴れて、海もベタ凪。最高の一日でした。

次回は料理編!
  1. 2010/10/13(水) 19:19:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってきましたよ~、マダイ!前編

三連休真ん中の日曜日、葉山まで行ってきました!
朝起きると、ゴーッという雨の音。土砂降りです北西の風もビュンビュン。天気予報では小雨と言ってたのに。
とりあえず友人との待ち合わせ場所に。目が合った途端、二人で互いに聞きました「これでも行く?」
結局船宿まで行ってみて(車で20分程なので)、ダメなら諦めるか、ということになり、車を走らせ、4時半に船宿に到着しました。先客は一人だけ。船長に「出る?」と聞くと、「わからん」との回答。とりあえず右舷大ドモに並んで席だけ確保し、車で休憩です。
「明日にする?」「でも風が北風になったので、船は出るんじゃないかな」と暗い会話をしているうちに5時になり、船宿に戻ると「出します」という答え。
「しゃあねえな、行くか!」と準備を始めます。3人の大名釣りと思っていたら、こんな日に、遅刻して6人組のファミリー登場。長靴履いてないわ、カッパも明らかにコンビニで慌てて買ったもの。
船長の「ゴメンな。今日は無理かもしんない」の言葉と同時に、6時の定刻を過ぎて出船!
さて、どうなることでしょう??(続く)
  1. 2010/10/12(火) 08:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行きますよ~、マダイ!

やっとこさ三連休になりました。この一週間仕事がきつかったので、ホッとしています。
で、季節は秋、秋と言えばマダイ!行きますよー。
今年は少しワラサに浮気していたので、マダイは久しぶりです。
場所は相模湾!大漁じゃなくてもいいから1枚は欲しいなあ。
  1. 2010/10/08(金) 22:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金沢八景沖のアジ

ワラサ釣りの翌日は、前日の飲み過ぎが祟って二日酔い気味。9時半頃に起きました。
すると息子から、「パパ、午後アジ行こ!」の一言。「これは家族サービスという名目で釣りに行けるぞ」と思ってしまうのが釣りバカの性。すぐに八景野島の太田屋に電話です。「午後アジ?空いてるよ」と、おかみさんの返事。ここのおかみさん、ぶっきらぼうだけど好きなんだよね。
いそいそと準備をして、車で10分、船宿に到着です。コンビニで昼食を買って、食べたらば間もなく出港。太田屋はライトタックルなので手巻きリールでも十分なのですが、子供の面倒を見なければならないので、電動タックルを2つ並べました。
場所はいつもの赤灯沖。さぁ行くぞ!と思いきや、二投、三投と続けてもアタリなし昨日の悪夢が蘇ります。ワラサなら1尾でもいいけど、アジでそれはないでしょ。と思っていたら、「ちょっと走るよ!仕掛け上げて」との船長の一言。
横浜方面に船は行きますが、良い群れがいないのか、同じところをグルグルと。。。
でも、この日は違いました「じゃあ、やって」の合図以降は最後まで入れ食い40センチを超えるマサバまで混じって最高帰港まで釣りっぱなしでした。
釣果は息子と二人で、アジ41尾と良型サバ多数。満足の一日でした。今の時期の東京湾のアジサバは最高の美味ですよ。皆さまも是非
  1. 2010/09/29(水) 20:39:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。